2021年11月30日火曜日

「土木の日」フォトコンテスト入選

 

弊社HP用に撮影したこの写真↑を
大分建設新聞社主催
第4回「土木の日」フォトコンテストに応募したところ、
なんと入選しヽ(゚Д゚;)ノ!!
佳作をいただきました!

いや~、実はコレ、
最優秀賞狙ってたんですけどね~!
( ̄∀ ̄)

入賞作品一覧はコチラ

結果を見てみると、
土木構造物+人
という被写体が好成績を収めており、
来年に向け、ブログに使う写真は普段からそこを意識せねば!
と決意を新たに(?)いたしました!!

大分建設新聞社さま、このたびは
表彰していただきまして
ありがとうございました!

2021年11月8日月曜日

地籍調査 現地立会

 

10月前半気温が高かったせいか、
キンモクセイは例年よりもずいぶん咲くのが遅かったですね。
外の爽やかな空気とキモクセイの香りがすがすがしい季節です。

さて本年度は地籍調査の現地立会が5現場ありまして、
地籍担当社員はあちこちの現場に毎日通っております。



地権者様に境界を確認していただき、
場所によって杭や鋲を打ち、番号を付けます。
これを測量することで、法務局に登記される地籍図ができます。

「地図を作る仕事」というのは非常に社会性が高く、
やりがいのある仕事だなと思います。



↑こちらは推進委員さん宅の庭に植えられているイチジクです。
このあたりではイチジクの木がある庭や畑をよく見かけました。

長い現場では12月までこの立会が続きます。

2021年10月22日金曜日

平面直角座標系 Ⅱ系の原点

先日、有限会社S.のH様が来社し、
「ちょっと見てコレ!」
と言って見せてくれた写真がコチラ↓


(。´・ω・)ん? なんですか?コレは??

「コレ、2系の原点!」

おぉ!2系というと、平面直角座標系の、あのⅡ系ですね!

(平面直角座標系について、詳しくはコチラ

「へ~!こんなカッコイイのあるんですね~」



「熊本の土地家屋調査士さんが作ったらしいよ。
実際の座標とは400mぐらいズレてるけど」

ズレている?
まさか地震で??
(400mズレる地震が来たら今頃生きてない)

はい、そんなワケありませんね。
ちょうどこの時、熊本地震の座標補正を行う仕事をやってたので、
熊本でズレると言うと地震を連想してしまいました。

平面直角座標系は日本測地系に基づいて
日本全国を19に分けた座標の基準なので、
世界測地系と約400m(Ⅱ系の場合)差があるのですね。

それにしてもなんとも映える
カッコイイ石碑ですね!
(詳しい場所はコチラのサイト様で紹介されております)

2021年10月21日木曜日

令和3年度RCCM資格試験を終えて

 

今年もいよいよ10月後半になり、
急に寒くなりましたね!

私は今年度のRCCMのA,B試験が共に終了しまして、
ヤレヤレ終わったよ、これで夜はダラダラYouTube見てもOKだよ!
とダラダラ秋の夜長を過ごせる事に歓喜しております!
・:*+.\(( °ω° ))/.:+
(歓喜の舞↑)

本日は今年の勉強のまとめと感想など
書いてみようと思います"φ(・ェ・o)~

2021年10月12日火曜日

アサギマダラの写真

 ボンヤリしてたら今年ももう10月になってしまいましたよノ)゚Д゚(ヽ
一か月以上更新してなかったので、連投したいと思います!

まずはコチラ、仕事とは関係ないですが、
(だいたい関係ないことが多い↑)
久住花公園に飛来している
アサギマダラのお写真です↓


「渡り蝶」と呼ばれるこのアサギマダラは、
9月~10月前半にかけて飛来する蝶だそうで、
チケット売り場のスタッフさんが、
「ぜひご覧になってください!」
と言うので見に行ってみたのですが、、、


なんてキレイな羽の色なんだ!!
と感動ヽ(*゚ω゚)ノ 
体の部分は黒に白の水玉で、なんともファッショナブル!

今週末あたりもまだいると思うので、
気になる方、ぜひ見に行ってみてください♪

2021年9月6日月曜日

コロナ渦の試験シーズンに向けて

 コロナでこの夏もイベントは全て中止。
どこにも出かけられず夏らしい出来事は一切なく、
妙に静かで妙に大雨が多い不気味な夏ももう終わりますね。

さて、、、RCCMの試験予約日も近づいてきちゃったし、
いい加減本腰入れないとな~(-公-、)と思い、
国土交通白書2020を眺めております。
(↑眺めてるだけ)

出かけられなくてヒマだから、
じゃあ家で勉強するのか?というと、
そんな事は全く無いのが現実で、、、
もう週末になると、記憶喪失か?! ノ)゚Д゚(ヽってなくらい、
会社関連の事は脳みそから消え失せるんですよ。
もちろん試験の事も(( ´∀`))

コロナのせいでダラダラ夏が終わってダラダラしてるせいで、
いつもに増してやる気スイッチ入らないんだわ!!
これも全てコロナが悪い!!!
(違う↑)


そういえば測量士・測量士補試験
9月12日だったはずですが、、、あるんかな?!
とふと思い、国土地理院HPを見にいってみました。
(とりあえずRCCMから脱線↑)

ありますね! フツーに!!ヽ(゚Д゚;)ノ!!

大都市部は受験番号で会場を数か所に分けていますが、
最寄りの福岡県会場は北九市立大学 北方キャンパスのみ、、、
これはみなさんどういう判断をされるのでしょうか。

試験会場はキチンと感染対策は取られているはずですし、
コロナじゃなくても試験でしゃべったりしませんからね。
感染リスクというのは低いかもしれません。
換気で少なからず窓は開けてるでしょうから、
天候によってはけっこう暑そうな予感がします(;^_^A
(昨年10月の技術士第一次試験は換気のため寒かった)

ただやっぱり気になるのは会場までの道中ですよね。
公共交通機関を使うようにという指示がありますが、、、
受験する現役世代の方の大半は、職域接種ができた方以外、
まだワクチン未接種ではないかと思いますし。

本日から大分市では一般の12歳以上の接種予約が開始となります。
みなさんスムーズに予約ができて接種できると良いですね!
私は9月10月の試験の事も考え、早期に接種を終えましたが、
ちょっと腕が痛い程度で発熱などの副反応はありませんでした。


さて話題はRCCMに戻りまして、、、
建設コンサルタンツ協会におきましては、
RCCMを昨年度早期にきっぱり中止し、
今年度からCBT方式に変更、
各都道府県の複数会場で個別予約としたところは、
さすがの対応だったなと思います。

高く評価します!( ̄∀ ̄)
(↑何様?)

まぁということはですよ?
コロナを言い訳に受験をやめるって事ができませんから、
やっぱりもう勉強しないといけないって事ですね!・゚・(ノ∀`;)・゚・

2021年9月2日木曜日

コロナの変異株にギリシャ文字が使われる理由

コロナコロナで今年ももう9月、、、
終わりの見えないこの感染症拡大はいつまで続くのでしょうか。

大分県でも感染は拡大しており、
だんだん身近なところでの感染やクラスターを聞くようになりました。
より一層の感染対策が必要ですね。

さて、このところ猛威をふるっているコロナの変異株を
デルタ株
と呼んでいますよね。
なんだか今朝の情報番組によると、
ミュー株
という新たな変異株が空港検疫で確認されたそうで、
他にも海外ではアルファ株とかベータ株
ガンマ株などが確認されているそうです。

なんでギリシャ文字なんだ??
って思いますよね!

で、調べてみたところ、
世界保健機構(WHO)が5月末に、変異株について
ギリシャ語のアルファベットで呼ぶことを発表したそうです。

これは、報道などでわかりやすく伝えるため、
その変異株が初めて確認された国や地域の名前を付けて呼び、
差別につながってしまうことを懸念したためだそう。

ギリシャ文字と言えば私は、
測量の試験を受けるため、
数式に出てくるギリシャ文字を読む必要に迫られ、
ギリシャ文字の読み方一覧を今もデスクに貼ったままです(;^ω^)

さて次回は、その試験ネタをゆるく綴りたいと思います。